挑戦する
マーケターと
共に走る

GOING TO CHALLENGE
WITH
MARKETING LEADERS.

SERVICE

マーケティングにベストインクラスを。

BICPでは、デジタル時代に求められるベストインクラスなマーケティング活動の設計と実行マネジメントをおこなううえで「シナリオ設計」「データマネジメント」「チームビルディング」の3点がアプローチすべき重要な視点だと考えています。BICP独自のメソッドを活用した3つのコミットメントと伴走型のプロジェクトマネジメントにより、マーケティングご担当者が向き合う様々な問題を解決しています。

ベストインクラスを実現する3つのコミットメント

  1. 01

    SCENARIO PLANNING

    生活者・顧客を中心とした
    コミュニケーションシナリオのプランニング

  2. 02

    DATA MANAGEMENT

    シナリオ・施策の裏付け
    検証の基盤となるデータ活用

  3. 03

    TEAM BUILDING

    横断的な戦略と施策を実現する
    チームビルディング

BLOG

4.png

「マーケティングプロジェクトの入り口」を4つに整理してみた。

こんにちは。BICPの菅です。 今日はマーケティング担当者、支援者であれば誰もが向き合う「マーケティングプロジェクトの入り口」について、ちょっと考えてみたいと思います。 BICPではクライアントからマーケティングプロジェクトのご相談をいただいた際に、お話を伺った上で「プロジェクト起案書」というものを提示して、スコープとプロセス、あとお見積もりのすり合わせなどをおこ
randmark20161114.png

改訂版:マーケティングテクノロジーランドスケープ2016年版(日本)

こんにちは。BICPの菅です。 5/10にデジタルインテリジェンス、アビームデジタルさんと共同リリースした「マーケティングテクノロジーのランドスケープ2016年版」ですが、リリース直後より各方面からご意見をいただきました。ご意見いただきましたみなさま、ありがとうございました。早速なのですが、現時点でいただいているご意見を集約し、協議をおこないましたので、改訂版と
MktechLandscapeJp_2016_20160509.png

更新のポイントなど→日本版マーケティングテクノロジーのランドスケープ2016について。

おはようございます。BICPの菅です。 2013年にデジタルインテリジェンスからリリースされた日本版マーケティングテクノロジーのランドスケープを3年ぶりに更新するにあたり、BICPもお手伝いをさせていただきました。 また、今回はアビームデジタルの本間充さ

RECRUIT

CONTACT US